<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< mixiでも(かどっち) | top | 自転車の積み込み(かどっち) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

アジア開発銀行年次総会にあわせたシンポジウム(5月5日)

■財務相、日本1億ドル拠出の構想を表明…アジア開発銀総会(読売新聞 - 05月06日 14:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=206708&media_id=20

アジア開発銀行(ADB、本部・マニラ)の年次総会にあわせ、アジア開発銀行の政策や融資が開発先の国々(途上国)にもたらたした負の部分(地域社会や環境に悪影響を与えている事例や不当な債務など)の実態についてアジア各地からのNGO関係者の方々を招いてのシンポジウムが「どうおしやす?アジア開発銀行」というタイトルで5日、同志社大学にて行われました。


わたしはこれにTICOさんの協力をいただいて参加し、反ADB側の方々の事例をふまえた見解や、意見を聞いてきました。

ADB側の意見を聞くことはできなかったのですが、NGOが行ったある調査によればADBのプロジェクトの7割が失敗に終わっていることやプロジェクトの利益が相手国に還元されず、ドナー国(=資金拠出国。日本はアメリカと並んで最大のドナー国であり、ADB40年の歴史において、総裁は常に日本人が務めているのだそう。)に返っていく事実。

・・・など多くのことを聞いてきました。ADB側の意見を聞けなかったとはいえ、“ADBがなくなればいい”とまでNGOの方は言われていて、そう言わせるだけの理由はあるのだろうと思います。(報告書書くのが参加条件ということもあり、)聞いてきたことを整理しつつ、見つめたい問題です。

講演の中で、“日本の若い人たちには自分たちのお金が人々の生活を追いやっていることに疑問を持ち、声を上げてほしい”といわれました。

日本人一人あたりのADBへの拠出額は年300〜400円程度だそうです。それだけのお金で、人々の生活を追いやることができる。それは本当に恐ろしいことだと思いませんか??

今まで自分が知らなかったことをまた一つ知ることができてよかったと思います。同時に多くの人に事実を知ってもらわないといけないんだと思いました。

私たちはお金を出している。それはきっといいことに使われている。―その思考にストップをかけ、関心をもつ必要があると思ったので、ふと書いてみました。

- | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
せきっち
2007.05.06 Sun 22:12
この記事書いたの私ですー!名前入れ忘れてたので。。失礼しました>_<;
はっせ
2007.05.09 Wed 20:44
うん。
金を出すと現地の人々のためになるというわけではなく
負の効果を与えうる。
ODAの金もやはり日本の国益のため
といわざるを得ないところあるしね。

これから国際協力の方法をより洗練されたものにするには
そういう視点がどんどん必要になって行くんだろうなー。

ナイス、情報です!そのシンポジウムぜひとも行きたかった。
さそっておくれやす
もしくはMLにながしておくれやす(笑)
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://shikoku-youth.jugem.jp/trackback/64
トラックバック

四国☆ユースネットワーク

メンバー

あさみ(徳島大学医学部1回)
・ あっちゃん(香川県四国学院大学社会学部応用社会学科3回)
・ あさ(松山大学人文学部英語英米文学科3回)
・ いけ(徳島大学栄養学科2回)
・ いっぺい(香川大学法学部3回)
・ かどっち(愛媛大学農学部生物資源学科森林資源学3回)
・ かよ(徳島大学栄養学科3回)
・ こみ(高知大学医学部2回)
・ さき(高知大学医学部看護学科4年生)
・ せきっち(徳島大学医学部栄養学科3回)
・ ハッセ(高知大学医学部2回)
・ ほっきー(徳島大学医学部保健学科看護学専攻3回)
・ まみ(愛媛大学法文学部2回)
・ まよ(徳島大学栄養学科3回)
・ よしのー(愛媛大学医学部看護婦学科二回生)

Category

Archives

Links

RECOMMEND

Comment


Trackback

Other