<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トレーニング合宿 | top | 医療機器輸送の準備(古味) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

道を歩くこと(かどっち)

ふいに書きたくなったので、つらつらと書きます!(笑)
興味のある方は読んで、感想くださいーーー

みんなの夢とか、やりたいことってなんでしょうか??

はっきりとやりたいことが決まっている人
やりたいけれど、その道が遠すぎて途方にくれている人
やりたいことがありすぎて迷っている人
行きたい先は決まっているけれど、どの道を選ぶか迷っている人

たぶん、いろんな人がいるんじゃないかと思います。

僕はどういう人かというと、
何もやりたいことがない人でした。
ほんと致命傷です。ある意味。

でも、じゃあ何もやらなくてもいいか、といえば、そんなことにはならない。
だからこそ、大学進学の際には迷いました。

最終的には、「やりたいことを見つける」ことを目標として、進学することにしました。
やりたいこともないのに、お金出してもらってまで大学行く意味がないと、初めは拒んでた時もありましたが、だからといって働けるわけでもなかったので…。

ちょっと話は変わって、就職の業種を選択していく時に、やりたいことが決まってれば問題ないですが、迷っている場合、自分の適性を見たりする場合があります。
なんだかずらーっとながいアンケートに答えて、適正診断する有料のものもいろいろありますよね。自分が大切にしているキーワードをいくつか選んで、そこから優先順位を決めて絞っていくというのもあったりします。

でも、適正はあくまで適正。
できることとやりたいことは必ずしも一致しません。
あくまで参考です。

それで、迷う人の場合、いろんな適性検査や話を聞いてみるけれども、やっぱりどこか納得いかない部分があって、決めれない。

僕も含め、悩みの深い浅いはあるにせよ、そうやって悩む人は多いんじゃないかと思います。

現に、「やりたいことがない・わからない」という学生は、日本ではどんどん増えているんじゃないかと思います。

なぜ、そんなことになっているかと言えば、きっと物事や人に触れる・感じる機会がものすごく減っているせいなのじゃないかと思います。

僕の場合も、「やりたいことを見つける」と思って大学に入ったものの、どう動いていいのかもわからず、気持ちばかりが焦って、一回生の時は特に苦しみました。部屋にいて、何もしてないほど、自分は何をしているんだろう、という自己嫌悪でした。

まず、どう動いていいのかさえもわからない。

これは結構苦しいものがあります。ある意味、それをわかっていなくても、”なんとなく”なら生きていける世の中になってしまっているからこそ、そのまま成長していってしまうのではないかと思います。

でも、頭でいくら考えても前に向いて進まないので、とりあえず動いてみるしかない。学校や道端に張ってあるポスターを一つ一つ見てみる。愛大のHPを見て、何か新しいことをやっていないか見てみる。友達から何かイベントとかの話があれば、とりあえず興味があるないに関わらず行ってみる。たまたまつけたテレビの番組に、耳を傾けてみる。

考える前にとりあえずやってみること。
そこから学ぶことはたくさんありました。
頭の中で考えているだけでは何も変わらなかったことが、
動いてみることで、少なくとも何か感じることができる、見ることができる、聞くことができる。

学校の掲示板で見つけた青年海外協力隊の説明会に始まり、就職に関わる進路指導、学生が行うイベント火曜ナイトサロン、学生の研究プロジェクト発表、後輩のボート国体予選、子育てに関するシンポジウム、「水溶モラトリアム」という演劇、留学生に誘われた英語のセミナー、歩いて実家の今治まで帰ってみる、留学生との交流会、児童館でのボランティア、和太鼓………

今考えてみると、ほんっとにジャンルも関係性もなくて、ばらばらなもの。

でも、それらがあったからこそ今の自分がいて、
まだもちろん迷うことも多いけれど、
入学した時から比べたら何倍も成長して、何倍もの経験をしたということを、胸を張っていえることができる。

もし、動かなかったら、きっと自分自身を知ることさえできなかった。
自分のことでさえも、やってみないとわからないことってたくさんあると思います。

今、もし中学生や高校生に戻れるなら、もっと地域のこととか、留学とか、いろんな人に出会ったり、いろんな体験がしたかったなー。
やりたいことが見つからなかったり、いろんなことに興味がもてないのは、そういったいろんな体験や、感じることが少ないからなんではないかと思う。

次の社会を作っていくのは、僕ら1人1人なのだから、落ち込んだりつまづいたりもしながらも、自分に自信をもって、生きていくために、動く人が増えるといいな。というか、何かを感じる面白さ、知ってほしいな。

人それぞれの形があるにせよ、きっともうちょっと、人生面白くなるんじゃないかなと思います。

それが「自分の道」だと自信を持って言えるように。


…と、なんかあてもなく書いてしまいましたが…。最後まで読んでくださった方ありがとうございました。何が言いたいかというと、もっと1人1人が輝くような世の中になってけばいいなーと思うのと、自分もがんばろーという意気込みです。
現在就職活動中の方、がんばりましょ!
- | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
せきっち
2007.04.24 Tue 08:46
ホントにかどっちの言うとおりだと思う。自分のことでさえよくわかってないことの方が多いなーって思う。

頭で考えるだけじゃなく動いてみないとわからないよね。
思わぬ方向に自分の可能性が開けてくるかもしれないし、“自分はこれ!”って決め付けないで多少遠回りしてもいいやって気持ちでがんばろうと思いました^^

かどっち、ファイトー!
私もファイトー!(笑)
はっせ
2007.04.24 Tue 21:48
でも、それらがあったからこそ今の自分がいて、
まだもちろん迷うことも多いけれど、
入学した時から比べたら何倍も成長して、何倍もの経験をしたということを、胸を張っていえることができる。

俺も大学卒業が近くなって学生生活が少なくなったときに
こういえるようにがんばっていきたい。本当素敵なことだわ。

いろいろな種類のイベントに顔を出すだけで
世界がどんどん広がっていく。

現在就職活動中ではないけど俺も頑張ります^^

(今年はフィリピンにいくかも・・・ニヤリ。)
かどっち
2007.05.01 Tue 10:30
>せきっち

そうよね。それに、発見や気づきがある人生ってきっと楽しいよね!
お互いがんばりましょ☆

>はっせ

はっせならきっとそういえるようになるよ♪
はっせのペースでふぁいと!
フィリピン行ったらまた話聞かせてねぇ〜
僕もまたモザンビーク行くかも(笑
一緒に行く?
まよ
2007.05.02 Wed 02:36
「とりあえずやってみる」
これ最高ね。かどっちの文章って、ほんと読んでて伝わって来るわ〜!
がんばろっ
モザンビークまた行くんかい!
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://shikoku-youth.jugem.jp/trackback/60
トラックバック

四国☆ユースネットワーク

メンバー

あさみ(徳島大学医学部1回)
・ あっちゃん(香川県四国学院大学社会学部応用社会学科3回)
・ あさ(松山大学人文学部英語英米文学科3回)
・ いけ(徳島大学栄養学科2回)
・ いっぺい(香川大学法学部3回)
・ かどっち(愛媛大学農学部生物資源学科森林資源学3回)
・ かよ(徳島大学栄養学科3回)
・ こみ(高知大学医学部2回)
・ さき(高知大学医学部看護学科4年生)
・ せきっち(徳島大学医学部栄養学科3回)
・ ハッセ(高知大学医学部2回)
・ ほっきー(徳島大学医学部保健学科看護学専攻3回)
・ まみ(愛媛大学法文学部2回)
・ まよ(徳島大学栄養学科3回)
・ よしのー(愛媛大学医学部看護婦学科二回生)

Category

Archives

Links

RECOMMEND

Comment


Trackback

Other